ブログ

2021年03月03日

雛祭り:かっぽんとお食事

今年の院内の雛祭りは、例年の7段飾りhinamatsuri_hinakazari_set.png はないのですが、かっぽんのところだけに飾られました。

少し寂しいと感じていたら、いつも通りのごちそうメニューがありました。


IMG_2388.JPG 常菜 IMG_2389.JPG 軟菜  IMG_2391.JPG ゼリー菜

栄養科は季節や行事に合わせて、工夫を凝らしたお食事を提供しています。入院という非日常的な生活の中で、お食事をするときに「あら、お雛祭りだったのね」と思い出し、笑顔が見られます。また、入院は月日や曜日の感覚もなくなりがちですので、お食事やかっぽんの装いを通して、移り変わりを知ることができます。


IMG_2370.JPG
外来のかっぽん


IMG_2374.JPG
受付の看板かっぽん

IMG_2375.JPG
唯一のカップルかっぽん

                     N・Tao

posted by 定山渓病院看護部 at 09:45 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月01日

外国人技能実習生第2報:研修始まりました

技能実習生6名は、1月25日に札幌入りし、生活環境を整えつつ少しづつ介護職の実技オリエンテーションに進んでいます。
みんなで協力して、近くのスーパーにお買い物に行ったり、講義が続く中、ブレイクタイムに当院の医師に言葉を教え、コミュニケーションをとり、いろいろな職員と触れあっています。
朝、エレベーターで会うと「おはようございます」と挨拶をしてくれ、日本語の理解もどんどん深まっているようです。覚えることが沢山あり、環境も変わり大変なこともあるでしょうが、笑顔で元気に過ごしています。

IMG_2308.JPG 
中西院長の講義
IMG_2352.JPG 
講義で学んだことを実践してみます
IMG_2339.JPG
車いす体験
個人レッスン?.JPG
ミャンマー語を学んでいる先生に特別にレッスンしました。


そのようななかで、少しの息抜きに看護部長と担当師長2名とともに定山渓雪灯路を2月5日の開催初日に見に行ってきました。

DSC_0031.JPG 
しっかりマスクをして、感染防止対策もバッチリ

A95D291E-941F-4FE9-819A-42A280C1703B.jpeg  DSC_0159.JPG

867DF604-9EEE-4064-A4CB-A94CB478B8AB.jpeg


DSC_0034トリミング.jpg 
かっぽんを囲んでかっぽんもマスクを忘れていません。

6C0B9EA3-2C17-442E-93AA-8757E60362F6.jpeg
病院の正面玄関前にもこのイベントの時期に合わせて、毎年灯しています。
寒いなか、サプライサービス課の皆さんが準備してくれています。

092572E8-1B66-45D7-8FE0-2C319C151030.jpeg 
お米のような重いものは、頭で支えバランスをとって運ぶそうです。 
DSC_0161 (1).JPG “モヒンガー”という麺料理

約1か月過ぎ、オリエンテーションが病棟での実技になります。楽しく元気に学べることを祈るばかりです。

                         N・Taoanimal_chara_computer_usagi.png

posted by 定山渓病院看護部 at 09:52 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月12日

定山渓雪灯路

毎年この時期に定山渓神社境内で、雪灯路がともります。一部ライトアップもされ幻想的な雰囲気を醸し出しています。DSC_1606.JPG

この行事は、2000年からはじめられました。 “雪深い渓谷、定山渓神社を舞台に、幻想的な空間を演出する「雪灯路」は、この時期独特の好き透ほどの凛冽な空気の中でしか得られない、雪の芸術祭” と雪灯路の公式HPに書かれていました。    

実は、定山渓に通勤し10年を超えましたが、1昨年に夏の温泉ではない定山渓を散策し、真っ赤な二見橋やカッパ伝説、なぜかっぽんが定山渓のゆるキャラなのか等、新たな発見をしたところです(看護部ブログ番外編

しかし、個人的に冬は行動範囲が狭まることもあり、見に行ったことはありませんでした。

子育てと病棟師長を卒業し、仕事以外の時間が増えたため、定山渓で働いているのだから「定山渓や周辺を知ろう」と北海道に生まれたのだから、「先住民であるアイヌ文化を知ろう」がなんとなくのテーマとなっています。


とても大げさな言い方ですが、その一環で雪灯路を見てきました。 DSC_1604 (1).JPG DSC_1614 (1).JPG
定山渓神社が会場なので、御霊を悼むための意味合いもあるのかもしれません。

DSC_0000_BURST20210207182951984 (1).JPG

先月のブログに外国人技能実習生の受け入れをご紹介しましたが、1月25日に札幌に入り、平日はオリエンテーションの毎日です。雪のない国から来日した方々なので、最初雪に驚いたと話していました。せっかくの機会なので、少しの息抜きに、雪灯路を看護部長と担当師長とともに開催初日に見に行ってきたそうです。感想など聞きながら、次回のブログのテーマといたします。

                              N・Tao


posted by 定山渓病院看護部 at 09:50 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする